バルトレックス 通販

おすすめの正規品バルトレックスはこちら

バルトレックス500mg



最安1箱42錠入=4,732円
最安1錠112円〜
送料無料

 

オオサカ堂で初めて購入する方には200円分のポイントがつくので次回はさらに安く購入できます。

>>バルトレックスの詳細はこちら<<

 

バルトレックスジェネリック

バルトレックスジェネリック500mg



最安1箱6錠入=607円〜
最安1錠101円〜
送料無料

 

バルトレックスジェネリックのバルシビルならさらに安く購入できます。

>>バルトレックスジェネリックの詳細はこちら<

 

オオサカ堂はメーカー正規保証で安心

特に個人輸入で薬を購入するのが始めての方は、薬は本物か?がとても心配で不安だと思います。

 

しかし、オオサカ堂のホームページにはこの点についても安心できる回答が記載されています。

 



バルトレックスの効果

ヘルペスウィルスは人の細胞に浸入しウィルスのDNAを転写して増加してきます。
よってバルトレックスはヘルペスウィルスのDNA合成を阻害しヘルペスウィルスの転写を阻止するよう働きます。
転写ができないとウィルスは増殖ができないため、バルトレックスを飲み始めるとウィルスの増殖が抑えられるため症状が徐々に出なくなります。
その後、増えてしまったウィルスは体内の白血球により排除され、徐々に体の中から消えヘルペスの症状が治まってきます。

 

その際、抗ウィルス薬であるバルトレックスは帯状疱疹や単純ヘルペスに作用し人の細胞には影響を与えないようになっています。
だからバルトレックスは効果が高く、安全性の高い薬と言われていますが、注意しないといけないのが、抗ウィルス薬と聞くとウィルスを死滅させる働きがあるように感じますがバルトレックスそのものにはウィルスを死滅させる働きはありません。

 

よって、かゆみや痛みなど症状が出てからなるべく早めに飲み早く増殖を抑えれば、より高い効果を発揮します。

 

また、バルトレックスそのものに鎮痛効果はありません。
もちろん、ウィルスの減少により痛みは消失していきます。

 

ただ、すぐに痛みを止めたい場合は、鎮痛作用のあるステロイドや硝酸イソソルビドの塗布や重度の痛みには神経ブロックの注射や抗鬱剤の服用が必要です。

 

バルトレックスの服用期間

 

バルトレックスはヘルペスなら1回1錠、1日2回、帯状疱疹なら1日3回、1錠が500mgなら2錠の服用が必要です。
バルトレックスが開発する前はゾビラックスという薬がヘルペスの薬としてはメインに処方されていましたが、この薬は服用後の薬の血中濃度を保つのが難しく、1日5回も飲む必要がありましたので、バルトレックスが発売されたおかげでかなり欠点が改善された薬だと言えます。

 

尚、バルトレックスの服用は症状が治まってきても5日〜7日は飲み続ける必要があります。

 

バルトレックスはあくまでもウィルスの増加を抑える薬なので、すでにウィルスが増殖している場合は、働きを弱める、またはこれ以上の増殖を抑えるようにしか働きかけず、バルトレックスそのものがヘルペスウィルスを消し去訳ではありません。
白血球がウィルスを撃退するまでしっかり飲み続けなければ、再びウィルスのDNAの転写による増加が始まりヘルペスウィルスの勢力が復活してしまうからです。

バルトレックスの再発予防効果

ヘルペスの原因は「単純ヘルペスウィルス」というウィルスで、この単純ヘルペスウイルスの感染力はとても強いです。

 

個人差はありますが全く再発しない人もいれば、多い人では1年に10回や月に2〜3回の頻度で再発する場合もあります。

 

原因としては、神経細胞が集まっている神経節に単純ヘルペスウイルスがひっそりと隠れていて、そこに住み着いているため、疲労やストレスにより抵抗力が落ちると隠れていたウィルスが暴れだしヘルペスの再発となります。

 

また強い日差しや紫外線も再発の可能性が増すので注意が必要です。
再発しやすい方は唇への紫外線対策も忘れずに行いましょう。

 

このように、再発を繰り返す人は、経験値が増え『ヘルペスが出そう』と感じる個人的に兆候を感じ『やばい再発しそう』と判断ができる傾向があります。
そんな時、ウィルスの増殖を抑えるバルトレックスを予防的に飲んでおくと、ウィルスの爆発的増殖を抑えヘルペスの再発を阻止できます。

 

もちろん、バルトレックスは増殖を抑えるだけなので、増殖を抑えている間に疲労回復や生活習慣の改善など低下した免疫力を高める必要があります。

 

免疫力が高まったところで、増殖しようとしたウィルスを白血球が除去し、結果としてヘルペスの再発を予防するのにつながります。

 

また、バルトレックスに頼るだけでなく、ヘルペスが起きる原因のひとつとして、免疫力の低下が挙げられるので、栄養バランスのとれた食事を心がけたり、十分な睡眠や休養をとるなど、
日常生活を見直して免疫力を低下させないための生活習慣を心がけましょう。

 

ヘルペスは完治するのか?

ヘルペスウイルスには8種類あり、どのウイルスによるものかによって症状は異なります。
ヘルペスの治し方としては、薬を塗ったりひどい場合には入院したりという方法がとられます。
軽いものであれば、自然治癒力(自分の免疫力)で週間程度で治る場合もあります。

 

しかし、潜伏感染というヘルペスウイルスの特性があり、一度かかると何度も繰り返し起こるのが特徴です。
潜伏しているウイルスを撃退する薬は、今現在はありません。

 

つまり、抵抗力が落ちれば、いつ暴走するからわからないヘルペスは完治は難し一方、普段から生活スタイルに気おつけることで再発を予防でき、まるで完治したような状態にもなります。

 

病院でのヘルペス治療の流れ

ヘルペスは発生した部位により治療も多少変わります。
主に口の周りや顔など上半身にできる病気を口唇ヘルペスと呼び、性器にできるのを性器ヘルペスと呼びます。

 

口の周りに発生している場合は皮膚科を受診するようにしなければなりませんが、
性器に発生している場合、男性なら行く病院は泌尿器科になります。
女性の場合は婦人科でも診てもらえます。

 

治療方法はウィルスの増殖を抑える薬を利用し、塗り薬と飲み薬を使用します。
症状がかなりひどい場合は入院が必要になり点滴注射にて治療を行います。
再発率が高いので、体内に入り込んでいるウィルスの増殖を抑えて行くことが重要です。
病院に行かず、自然治癒したかのように見えてもウィルスは完全に死滅せず再発の機会を狙っています。

 

バルトレックスの薬価

バルトレックスの薬価

バラシクロビル塩酸塩が500mg配合されているバルトレックスは1錠で375.7円です。

 

バルトレックスは比較的高い錠剤になります。

 

ヘルペスを治療する場合1日2錠なので1日分が約750円で保険適用され3割負担だと1日分が225円です。

 

但し、保険適用はヘルペスの症状があると診断された場合、予防で処方してもらう場合は保険適用外です。

 

さらに、5日分までが保険適用で、それ以上になると保険適用されません。
但し、医師が6日以上必要な理由を明記すれば保険的されます。

 

よって5日分のバルトレックスを処方してもらうと、薬代だけで1125円かかります。

 

さらに、診察代・検査代・処方料がかかってくると1回の診察に5000円以上かかるので病院にかかると結構な出費になる病気と言えます。

 

バルトレックスを個人輸入した場合の値段

 

バルトレックスを個人輸入で購入する最大のメリットは価格が安いことです。

 

1日2錠 バルトレックス500mg

 

病院(3割負担)・・1錠(112円)
個人輸入・・・・・・・ 1錠(112円)

 

薬代だけ考えるなら保険がきく病院処方と個人輸入はさほど変わりません。
しかし、処方料と診察代分が病院の方が料金がかかってきます。

 

さらに、個人輸入なら予防のための薬を購入しても1錠112円で購入できますが、病院では保険適用外なので1錠375円円になってしまいます。

 

個人輸入の方がかなり安い値段で購入できますね。

バルトレックスの副作用

安全と言われる薬でも副作用がつきものです。
バルトレックスは子供でも服用できるほど安全性は高いと言われますが、副作用を発症する場合があります。

 

副作用の症状として頭痛、眠気などの意識低下、傾眠、吐き気、嘔吐、下痢、便秘、腹痛、腹部不快感、蕁麻疹、発疹、かゆみ、光線過敏症などがあります。

 

以上のような症状がでた場合は、服用をやめ病院での診察を受けましょう。

 

バルトレックスと飲み合わせ

 

ヘルペスが痛みを伴う病気であるため、鎮痛剤・抗鬱剤・ステロイド剤などはバルトレックスと一緒に処方されるケースがあるため、鎮痛剤のボルタレン、バファリン、ロキソニン、イブプロフェンの飲み合わせに問題はありません。

 

又、女性の中には避妊薬ピルを常用していう方もいるでしょうが、ホルモン剤であるピルとバルトレックスの間に悪影響を及ぼしあうような事はないので安心してください。

 

バルトレックスとアルコール

 

バルトレックス服用中にアルコールを飲んでもアルコール自体がバルトレックスに悪影響を与えません。

 

しかし、ヘルペスが免疫力の低下によっておこる病気のため、アルコールがさらに抵抗力を下げヘルペスの治りを遅めてしまう可能性が考えられます。

 

よって早期に治すため、または予防としてバルトレックスを飲む場合は、自己の免疫力を高めるためにも飲酒は避けるべきでしょう。

バルトレックスと市販薬

ヘルペスには、口唇ヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹などの種類がありますが、この病気の痛みを和らげて症状を改善する医薬品として、肌に直接塗布する軟骨や、飲み薬であるバルトレックスがあります。

 

バルトレックスは市販されていないため、病院での処方か薬の個人輸入という手段の2択があります。
軟膏に関しても、市販されていない薬は同様の方法になりますが、塗り薬に関しては市販薬という選択もあります。

 

ドラッグストアーで市販薬(例:佐藤製薬のアラナセSなど)で売られている口唇再発治療薬のヘルペス軟膏です。
口唇ヘルペスのように再発を繰り返す方には常備しておきたい軟膏と言えます。

 

軟膏と飲み薬どちらが良いの?

どちらの「薬が良いのかは症状によります、痛みを我慢してヘルペスが重症している場合、かなりの量のウィルスが増殖している可能性があるので飲み薬の方が結果的に短期間で症状が改善できるかもしれません。

 

又、ヘルペスが広範囲に渡り発症しているのであれば、飲み薬で一気に治す方が早いかもしれません。

 

しかし、限定的にできる、口唇ヘルペスの場合は塗布薬の方が負担なく治療ができます。

 

但し、ヘルペスの市販薬は軟膏まで飲み薬は販売されていません。
やはり、素人がヘルペスと判断して飲み薬を服用するのは危険性があるからです。

 

塗り薬にしても、ヘルペス再発のための治療薬として市販されているのですから、最低でも1回は病院でヘルペスと診断を受けた人が使うには安全な薬です。
このように、塗布薬のメリット飲み薬のメリットがそれぞれありますので、病院での処方を一回受けてから選択する方が安全です。

 

 

 

おすすめの正規品バルトレックスはこちら

バルトレックス500mg



最安1箱42錠入=4,732円
最安1錠112円〜
送料無料

 

オオサカ堂で初めて購入する方には200円分のポイントがつくので次回はさらに安く購入できます。

>>バルトレックスの詳細はこちら<<

 

バルトレックスジェネリック

バルトレックスジェネリック500mg



最安1箱6錠入=607円〜
最安1錠101円〜
送料無料

 

バルトレックスジェネリックのバルシビルならさらに安く購入できます。

>>バルトレックスジェネリックの詳細はこちら<

 

あなたがヘルペス予防のためにしていることは?

ヘルペスを作らないためには、免疫を下げないことが必要だと思います。
でも、忙しい毎日で難しいこともあります。
忙しく、休息をとることが難しい中、時間が許す限り、睡眠をとるようにしています。
ストレス解消に、銭湯などに行くこともあります。

 

食生活にも気をつけ、リジンを摂取し、アルギニンを制限することを心がけたりしています。
アルギニンは海藻などに多いと聞いたことがあるため、なるべく控えています。
リジンはお肉によく含まれますが、同時にアルギニンも含まれています。
アルギニン量より、リジンの量が上回っていればいいので、お肉はそれにあてはまります。

 

深酒は、いろんな意味で、ヘルペスを誘発する要因になります。
十分な休息のさまたげになってしまします。
アルコールが好きなので、ついついのんでしまいますが・・・

 

あとは、リジンのサプリメントをネットで購入し服用しています。
リジンのサプリメントは外国ではメジャーのようですが、日本では、ヘルペスを予防することに、あまり知られていないようです。
定期的に病院にも通い、バルトレックスの処方をしてもらい、服用しています。

 

更新履歴