ヘルペス バルトレックス

ヘルペスとは?

ヘルペスという病気は、一般に「単純疱疹」「帯状疱疹」の2つがあり、いずれもヘルペスウイルスが症状を引き起こします。

 

単純疱疹は「熱のはな」とも呼ばれ、顔や口の周辺などにかゆみや小さな水泡ができるものを「口唇ヘルペス」、性器またはその周辺に、赤いブツブツや水ぶくれ・かゆみを引き起こすものを「性器ヘルペス」といいます。
帯状疱疹は、広い範囲に帯状に発赤と小さな水疱ができます。

 

ヘルペスの症状としては、まず感染部位が赤くなり、次に、その感染部位に水疱が生じます。
その後、水疱が割れて痛みとともにじくじくした状態が続きます。

 

痛みが強い場合、痛みを抑えるために鎮痛剤のみを用いるのは効果的ではありません。
鎮痛剤を服用しても痛みを一時的に抑えるにすぎず鎮痛剤の効果が切れるとすぐに戻ってしまいます。

 

ヘルペスは症状が軽いのであれば放置しても自分の免疫力で自然治癒する場合もありますが、症状が重い場合には、病院へ行って抗ウイルス剤を処方してもらいウィルスの増殖を抑える必要があります。

 

単純ヘルペス

単純ヘルペスは、私たち誰もがかかる可能性のある、ごくありふれた皮膚の感染症で、
単純ヘルペスウイルスというウイルスが原因となって起こります。
症状としては、風邪をひいての発熱や、ストレスなどでとても疲れての免疫力低下、
海水浴で強い紫外線を皮膚に受けた時などに、唇やその周囲、もしくは性器やお尻に小さな水ぶくれができます。

 

単純ヘルペスには1型と2型があります。
1型ですと口の周り、顔面などの上半身に症状が現れる事が多く、
2型ですと性器や下肢などの下半身に症状がでやすいのが特徴です。

 

治療には、主に抗ヘルペスウイルス薬が使われます。
やっかいなことに一度発症してしまうとウイルスは体内の神経節というところに潜り込んでしまい、
完全に消える事はないため、再発を繰り返す事が度々あります。

 

 

帯状疱疹

帯状疱疹とは、水ぼうそうの原因でもある水痘帯状疱疹ウイルスが起こす病気です。
水痘帯状疱疹ウイルスは治ってからも、ずっと私たちの体の中に潜んでおり、
それが何らかの原因で再び活発化して引き起こす病気です。
例えば、体力が落ちているときや、過度のストレスを感じたときなど、免疫力が低下したときにウイルスが復活してしまいます。

 

症状しては、身体の片側に強い痛みが発症し、痛みの部分に赤い帯状の赤みや発疹、水ぶくれが出てきます。
約7割の方が50歳以上の方の発症です。

 

帯状疱疹は、治療が遅れると帯状疱疹後神経痛となって辛い痛みが長引く可能性があるため、
早期治療が大切になってきますから、症状を自覚したら早めに病院を受診するようにしましょう。

 

 

顔のヘルペスの症状と治し方

ヘルペスは唇や口内の舌などにできやすく、赤く腫れあがりとても痛い病気です。

 

顔にヘルペスができた水ぶくれが破裂して潰瘍になり、放置しておくと傷跡になる可能性があるので早急に治療をしましょう。

 

また発熱を伴うことも多く口内だけでなく喉付近にも水泡はできます。
熱があり喉が痛いと風邪と間違う場合がありますが、ヘルペスの可能性があるので、喉に水泡がないか目視し、水泡がある場合はヘルペスの可能性も疑いましょう。

 

これは乳幼児にもできるのが特徴で、ヘルペスのウィルスを持っている人から食器やタオルで顏を吹いてしまうことなどが感染源となります。

 

顏などにできてしまったヘルペスの治し方としては一般的には病院などで治療してもらうと早く改善します。
抗ウィルス薬を使用して治す方法となりますが、痛みには鎮痛剤、発熱には解熱剤という処方となります。

 

単純ヘルペスウイルスによって感染するので、患部に触れてしまった場合はしっかり手洗いをしましょう。
精神的・肉体的ストレスによって体力や免疫力が落ちているときに発症するので、規則正しい生活を送るよう心がけ、十分な睡眠・休養をとることが必要でしょう。

口唇ヘルペスとは?

 

単純ヘルペスウイルスによる感染で、おもに1型のウイルスにより感染し、
特に口の周りに症状が発現したものを口唇ヘルペスと呼びます。
風邪や発熱・紫外線・ストレス・胃腸障害など、体の抵抗力や免疫機能の低下によって誘発され、飛沫感染、接触感染します。

 

感染した場合、接触した日から3〜7日の潜伏期間を経て発症します。

 

 

 

 

 

目のヘルペスの症状と治し方

ヘルペスのウィルスは感染力が高く多くの人がウィルスを保有しています。
通常時は潜伏しているだけで不活性状態にあるので自覚症状はありません。

 

疲労やストレスや病後などに体力や免疫力が弱っている時にヘルペスウィルスが活性化することがあり、目の角膜や周囲にも水泡やただれのような症状が現れます。
目のかすみや痒みを伴なったり、涙が出てくることがありますが、これを手で拭ったりしてしまうと、様々な部位にウィルスをまき散らしてしまいます。

 

患部が広がってしまうので、症状が現れたら眼科を受診してください。
点眼薬や内服薬を利用してウィルスの増殖を抑えることから治療をしていきます。
塗り薬などもあるので、必要に応じて医師に相談できます。

鼻のヘルペスの症状と治し方

ヘルペスはストレスや栄養不足、疲れているときなどに感染しやすいウイルスです。
鼻の中や鼻の下に出来るヘルペスは痛みが強い場合が多くついつい触ってしまいます。
触るだけで痛みを伴う水疱ができ、また薬を塗っても触れやすく薬がとどまらない箇所でもあるので治りにくい場合があります。
目につきやすい部分で気になりやすいですが、なるべく患部には触れないようにします。

 

薬を使って完治させることが可能です。
基本的には外用薬を使い、抗ウイルス薬の軟膏を塗布します。
痛みが強い場合は内服薬も使用する場合があります。
また、ヘルペスはストレスや疲れが原因となるので早く回復するためには十分に栄養をとり、睡眠を取ることが一番大事です。

性器ヘルペスの症状と治し方

性器ヘルペスとは、ヘルペス単純ウイルスというウイルスに感染することによって起こる疾患です。
ヘルペスウイルスには1型と2型の2種類あり、下半身に症状が出るのは、主に2型になります。

 

感染経路は、性交渉によるものがほとんどです。
性器の痒みや痛みから始まって来ます。

 

数日が経過すると感染部位が腫れたりただれたりし、水泡のような突起物ができ始めます。
最初の頃よりも痛みや痒みが強くなってきます。

 

性器ヘルペスは潜伏期間の後に症状が現れますが、その症状も2週間から4週間程度で収まってしまいます。
そのために自然治癒をしたと思いこんでしまう人が多いですが、ヘルペスウィルスは完全に死滅をしません。
潜伏をし続けていて、再発の機会をうかがっています。

 

風邪などで体力や免疫力が弱っているときに再発をしてしまいます。
感染力が強く、陰部に発生する場合の主な感染経路は性交渉になります。
治療は病院を受診して薬を貰うのが適切です。

 

性器ヘルペスの再発の場合、局部のかゆみ、違和感や軽い痛みが認められます。
ただし、二回目以降は症状が軽く済むため、再発に気づかないこともあります。
再発の場合は、ヘルペスの抗体があるおかげでウイルスが増殖しにくくなるため、初めての感染時よりも症状が軽くなるのです。

 

 

またヘルペスが再発してしまった時は、再発した患部を触った手で他の部位を触らない事です。
手洗いをしっかり行い、清潔にすることも再発を防ぐ効果があります。